結局、福島のことは何も意味がなかったのか~。 [雑記]

分かってはいたけど、原発動いちゃうわけですね。

政府としては、このタイミングで動かすことは随分前から決まっていたんだろうな~。一応、やりとりした時間を形だけ作って、そして消費税の話がバタバタしてるのを隠れ蓑に使って、うまく再稼動に持ち込んだというところですね。

野田というおじさんが自分の責任で、動かすことを決めたわけだけど、責任ってどう取るの?もし、大飯で事故が起きて、人が死んだり、被爆したりしたら、どう責任取るの?

だいたい福島の件にしたって誰も責任取れないし、取る人すらいないじゃん。

もし、事故が起きたら、野田さんあなたが全ての補償をするの?死んだ人返してくれるの?

本当にいい加減だよ。仮に事故が起こったとしても、その時あなたは総理を辞めているでしょ?自分の責任で、なんてよく言えるわ。無責任すぎる。

本当にこの国の人には、驚くよ、多分日本だけだろうね。原爆で被爆して、原発で被爆して、それでも原子力を使うっていうんだから、ここの国民はよっぽど原子力が好きだとしか思えない。

電力が不足して経済活動が停滞するより、福島の事故が完全に片付かないうちに、再び同じような事故が起きたら、国が立ち行かなくなるじゃん。どうして、動かす努力と同じくらい、動かさない努力をしないのだろう。

動かせば票につながるけど、止めれば票を失うからな~。民主は電力会社を救ったことになるからね。

福島のあの苦しみを見ても動かす気マンマンなんだから、本当に自分とは違う民族なんだとしか思えないよ。

福井県民は、今後福島のような事故が起こっても一切の責任をも自分で引き受けるということなんですかね?

この状況で自分たちで動かすことを選択して動かしたわけだから、もし事故が起こっても、責任は電力会社だけにあるってわけにはいかないでしょう?

事故が起きた場合、福井県の行政も電力会社同様、責任を追及される立場になる覚悟があるということなんでしょうか?立派ですね。

総理も福井県も市民の命を掛け金にギャンブルするようなものだと思えてならない。負けても総理も、福井県知事も全く痛みはない。だから、目先の金や票のことしか考えないんだろうな。

必要もない電力のために、国民の命を犠牲にするわけか。ちなみに、電力はこの夏、原発が動かなくても確実に足りますよ。それは政府の人が一番良く分かっている。本当に茶番ですな。消費税もそう。

福島の事故も、原発のこともこれで、全て終了。

あとはなし崩し的に元の状態にもどるだけ。原発村もなくならないし、政治も変わらない。東北は時間が復興の手伝いをするだけで国もいまのまま。

東京に原発作ってそれが爆発でもしない限り、或いは国が破綻するまで、ここの国民は黙って見ているだけなんだな~。破綻しても見てるだけかもな~。

日本が復活するチャンスだったのに。自らその道を閉ざしたんだ。

俺も、カンボジア人にでもなろうかな・・・。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

そういう事でも無い

大阪市統合本部古賀茂明特別顧問:
関西電力にこの間エネルギー戦略会議に行って、関西電力に質問してみたんですね。
彼らが言っているのは「電力が足りないから動かすんじゃありません」と



「電力需給と原発を動かすかどうかは関係ありません」というふうに、はっきり何回も聞いたんですけど、
ハッキリ言いきりました。



関西電力(エネルギー戦略会議4月24日)

基本的には安全な原子炉は稼働させていただきたい。
需給の問題とは切り離して考えております。



夏場の需要とは、あの、関係を考えておりません。


玉川:
なんで関西電力はそんなに原発を動かしたいんだという事なんですか?
これは何のためですか?

古賀:
これは、企業としての事情があるんですね。
関西電力の純資産が今1.8兆とか、ま、2兆円弱あるんですけれども
その純資産を構成している資産のうちですね、
原子力発電設備と、それから原子力の燃料。
これを合わせた資産がですね、8000億から9000億ぐらい、
大体半分ぐらいはあるんですね。
そうすると、これをもう使えないんですという事になった途端にこれは資産ではなくなります。
ですからその分資産からポン!と落ちちゃうんですね、



玉川:なるほど、なくなっちゃう。

古賀:
そしたら、純資産1.8兆、1.9兆というところから、もう1兆円ぐらいまで落ちちゃうんですよ。
で、その上に昨年度すでに3000億ぐらい赤字が出ていますね。
これで損失が出てきますから、
それに今年度も5000億ぐらい赤字になるかもしれないと言われていて、
そうするともう8000億ぐらい。
そうしたら純資産がほとんど食いつぶされて、ま、ちょっとだけ残るというような形になります。
で、来年度また何千億か赤字を出すと、
その時点で債務超過になってしまうという可能性があるという事ですね。

玉川:債務超過っていう事は、要するに破たんですか?

古賀:そうです。
これは絶対に避けなければならないことですから、
従ってもう、永久に動かす。
(管内に)ある原子力発電設備は基本的に動かすんです。


ーーー

羽鳥:う~ん・・電力不足には関係ないんですね。

玉川:「関係ない」って関西電力が言っている訳ですから。

つまり、「経営のために動かしたい」っていう事があるわけですよ。
どういうことか?っていうと、
古賀さんのインタビューの時よりも新しい決算が出たんで、その新しい決算に基づくと、

純資産、資産から負債を、ま、貯金から借金を引いたものですね、それが1兆5000億円位あるんですよ。
で、この中に、原子力関係の資産というのが、発電設備と核燃料を合わせると9000億ぐらい。
で、これをもしか使わないという事になると、これが資産から落ちちゃうんです。
そうすると、ここからこれを引くと、6391億円になっている。



いま、赤字記帳です。
赤字記帳で、2011年度に2400億を超える赤字で、
これがあと2年ぐらい続くと、(純資産が)なくなっちゃうわけですよね。
そうすると破たんだよと。いうことなんで、

ともかく関西電力は動かしたいというのは、
もちろん安全が確認されたらという事は関西電力も言ってますけれど、
ただ、経営のために動かしたいんだと。
だから電気が足りる足りないじゃなくて11基全部動かしたいんです。

赤江:この理論でいくと関西電力はもう永遠に(原発を)続けていきたいと。

玉川:
永遠に原発を続けていかないとできないような経営状況というかね、
そういうふうな形で今までやってきたんですよ。
原発をそれだけ増やしたっていう事はね。

立花:
関西電力は自分の会社が倒産しないために、原発をずっと動かし続けていきたいという事なんですね。

玉川:
それはそのように、そのまんま(関電は)言っています。
それだけじゃないんですよ。
実はですね、これはいま、バランスシートの話ですけれども、
前に総括原価方式っていうのをやりました。
これは、じゃあ利益ってどうやって決まっているんですか?って言ったら、
資産に、たとえば3%とかをかけた分が利益なる。
だから資産の部分がごそっと無くなると、資産から生まれる利益もごそっと無くなるわけですね。
仮に原子力関係の資産が9000億だとしてこの3%だとすると、3×9=24ですよね、
だから200何10億というお金が、毎年入ってくる筈だった利益が無くなっちゃう訳です。
だからこれも大きいんです。

by そういう事でも無い (2012-06-09 22:14) 

きりん

コメントありがとうございます。そういうことなんですよね。

結局、利益優先なんですよね。電力会社は市民のことより、やはり自分が優先なわけですよね。当たり前です。民間企業なんだから、市民が助かっても自分が死んだら意味ないですもんね。

だからこそ、こういう構造を政治家が変えて、原発のことをニュートラルに話せる状況を作る努力をすべきだったと思うのですけどね。

まあ、政治家もその利益構造に入っているから変えることはできないんだとは、分かってるんですけどね。

こういう構造だから、電力会社は作った原発は古くなっても動かし続けたいし、新しい原発はガンガン作りたい。

まあ、ループから抜けれませんね。

by きりん (2012-06-11 09:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます